メーカーに確認する

修理に必要な料金について

水道修理の料金はどこに依頼するのかによって異なります。メーカーに修理を依頼するとなると、出張料・技術料・部品代といった項目が発生します。技術料は点数で加算されるのが一般的で、一点あたり1500円程度が相場です。部品代にもよりますが、バルブ交換でも12000円程度かかることがあります。一方で、いわゆる水道修理を専門とする大手業者では、出張料を無料とするところも多いものです。加えて、現状の点検まで無料で行うところもあるため、気軽に利用することができます。こうした水道修理業者は小さいところも含めると数も多いため、業者間での価格競争が起きています。そのため、より低価格での利用が可能となっているのが大きなメリットです。

依頼する際のポイントについて

水道修理を依頼する際、持ち家の場合はまず購入した会社へ連絡します。購入時に契約したアフターケアの対象範囲内であれば、無料で修理を受けることが可能ですので、まずは購入先へ連絡するようにします。アフターケアの有無にかかわらず、メーカーや水道工事店を回してくれるため、自分で業者を探す手間も省けます。時代の流れとともに、最近では大手の水道修理業者が全国的に展開するようになっているため、地域の水道工事店など個人店の影が薄くなっています。確かに大手業者は何かと便利ですが、地域のお店と仲良くなっておくと数を重ねるごとに柔軟に対応してくれるようになります。また、お得意様として割引をしてくれたりと個人店ならではのメリットもあります。先々の付き合いを考慮してそうした個人店を選ぶのも一つの方法です。